酸素カプセルに入って健康GET|バリバリ活力アップ

特徴を知る

肩こり

特徴と効果

遠赤外線とは、電磁波のことですが、4ミクロンから1000ミクロン程度の波長を持ったものです。この波長の中でも6ミクロンから14ミクロンの波長のものを育成光線といいます。この育成光線は生物が生きていく上で非常に重要なものだということが、今日の研究で明らかです。この遠赤外線には大きな特徴があります。物質に吸収されやすいこと、物質の表面にとどまらず内部にまで深く熱を浸透すること、人間の内部であっても細胞深くまで活性化させることが挙げられます。それでは、これらの特徴がある遠赤外線にはどのような効果があるのかというと、血液をサラサラにする効果があります。また、有害物質を身体の外に排出することもあります。このように、遠赤外線は健康において大切なものです。

利用と効果

遠赤外線は健康にも医療にも美容にもいろいろなところで利用されています。なぜこれほど利用されているかというと、物質の組織にダメージを与えることなく遠赤外線の効果を発揮されるからです。そのため、人間の身体に安全なエネルギーとされています。この遠赤外線は人間が生きていく上で非常に大切なものですが、身体を芯から温めてくれるので、冷え性や貧血や頭痛にまでも効果があります。さらに、細胞の活性化も促進させますので、毛根や毛髪の細胞も活性化されるので、頭部における健康増進にも役立ちます。こうした効果を十分に得るには日なたぼっこをするのが良いです。また、炭火で調理をするのも効果的です。実は炭が温まると、遠赤外線が放射されるのです。